レディー

将来役に立つ英会話を習っておくための彼是

資格が大事な日本語教師

紳士

無資格では難しい就職

外国の人たちに日本語を教える日本語教師には特別な資格はありません。無資格で教えても罰則を受けることもないため個人レベルで教えることは自由です。しかし実際に職業としようとする時にはそれなりの学びと試験の合格がものをいいます。資格や試験の合格なしには国内にしろ海外にしろ就職は難しいので注意しなければなりません。その指標として文部科学省は420時間のカリキュラムを示しています。大学の日本語学科で学んだり、民間の日本語教師養成講座を利用したりして履歴書に書ける学びを重ねることから始めましょう。その上で日本語教師としての1定基準の証明になるのが日本語教育能力検定の合格です。難易度は高いものの限りなく国家資格に近い日本語教育能力検定合格の実績は、必ず日本語教師として働くための大きな宝になります。

合格が有利な就職の鍵

日本語教育能力検定は公益財団法人である日本国際教育支援協会が実施しているもので、日本語教育の専門家としての基礎的な水準に達しているかを見極める試験です。合格率は20パーセント程度の難易度の高いもので、出題範囲も文法や構造だけでなく言語学や教育制度・歴史や心理学までと広くなっているのが特徴です。リスニングの試験も課せられるためその対策も必要です。日本語教育能力検定には学歴や年齢などの制限がないため、会社員や公務員として働きながらの受験者が多いのも目につきます。主婦や現役を退いてからの受験も増えてきており、受験者は常に女性の方が多い傾向にあります。1年に1度全国の主要都市の会場で行われ、これに合格すれば有利な就職活動が見込めます。